HOME > > オールインワンゲルのデメリット

人によっては保湿効果が足りないという人も

オールインワンゲルは人によっては保湿力が足りないと感じる人もいます。元々保湿をメインに考えたスキンケアですが、肌が乾燥しやすい方などはもっと保湿力が欲しいと感じてしまうようです。1本でケアを済ませるためどうしても保湿力が足りないと感じてしまうのは仕方が無い事です。
ただし、オールインワンゲルでも上手く商品を選んで保湿力が高い成分が配合されている商品を使ったり、重ね付けすればある程度は解消できます。保湿力が足りないと感じている人はそもそも付ける量が足りていないのかもしれません。


スペシャルケアがしにくい

オールインワンゲルは1本でいくつもの効果が得られるため、スペシャルケアはしにくくなっています。美白やシワケアを集中的にするという事ができないのです。効果が物足りないと思えば1本美容液をプラスする必要が出てきます。
ただし、商品によっては美白に特化した商品、シワケアによいコラーゲンが多い商品などもありますから、目的別に幾つかそろえてみるのも良いでしょう。商品自体がお手ごろで、シーズンごとに美容目的が異なる商品を使い分けても、それ程コストは大きくなりません。

モロモロがでることも

オールインワンゲルをつけた直後にメイクをしてしまうと、モロモロ感が出やすくなっています。ゲルには特徴的なプルプル感を出すための成分が配合されており、摩擦を加えるとモロモロが出てくる場合があるという特徴があります。
化粧する際はあまり肌をこすらず、抑えるようにファンデーションを塗る方法が有効です。どうしても気になる場合は、一度浸透するのを待って、肌表面に残ったゲルをティッシュで優しく抑えて取ってあげると、モロモロは出にくくなります。

メディプラスゲルの口コミ・感想を見る>>

このページのトップに戻る