HOME > > オールインワンゲルの歴史

オールインワンゲルの先駆けとなった商品とは?

オールインワンゲルの先駆けとなった商品は、ドクターシーラボのオールインワンゲルともいわれています。元々は皮膚科が開発した商品で、肌荒れを起こしている人に負担が少ないものをという意味で開発されたようです。今ではオールインワンゲルも多数商品が登場し、それぞれの特徴が異なってきています。単に肌に優しいだけでなく、保湿力をアップしたもの、美白を加えた商品などある成分に特化したものも見られています。
オールインワンゲルの歴史はそれ程長くはありませんが、今ではすっかり定着し多くの商品から選ぶ事ができるようになりました。


今ではアンチエイジングにも対応する商品に

以前はオールインワンゲルといえば、肌に優しいとか使用感が軽く保湿を重点的にケアする商品というイメージがあったかもしれません。今では更に進化し、優しいだけでなく肌に必要な栄養を補給できる高美容成分の商品が増えてきています。アンチエイジングに対応するものも登場し、単なる簡単なスキンケアだけでは無くなってきています。
また、使用感が軽く若い人だけが使う商品では無く、今では大人が必要とする美容成分もしっかりと入っている面で変わってきているのです。

フラーレンなど高価な成分も配合され始めている

オールインワンゲルが大人のスキンケアとして進化してきた背景には、フラーレンのような高価な美容成分が配合され始めたことにあります。今では以前よりも少量使用で効果が得られるようなっており、抗酸化作用やハリを保つ成分など美容成分も進化し、1本でもしっかりと効果を感じられるよう変わってきています。
また、美容成分をナノ化し吸収を高める事でも、肌への浸透力をアップし大人の肌でも十分対応できる商品へと成長してきているのです。オールインワンゲルがここまで人気になったのも、美容成分の技術力の発展も大きいといえます。

メディプラスゲルの口コミ・感想を見る>>

このページのトップに戻る